26歳教員が資産運用はじめました。

Diary

どーも!もみじ先生です! 

将来設計をする人のイラスト(男性)

突然ですが今年の3月から『資産運用』について真剣に考えはじめました!

みなさんは、お金について不安なことはありませんか?

僕はありました。

老後2000万問題とかメディアで騒がれてたり、年金の現役世代の受け取り時期が遅くなるとか減るとかの噂が流れてたり、生命保険だの財形貯蓄だのドル建て積立保険だのiDeCoだのなんかいろいろあるけど何がいいんや、、

結局自分の将来のために何をしたらいいかわからない、、

もうわけわからんから、とりあえず銀行に貯金だけしておこう!

と思っていました。 だって貯金をしておけばお金は減らないし貯まるから!

実際そんな人多くないですか? 

この記事では、そんな僕が人生100年時代豊かな老後を過ごすためには、

銀行の貯金だけじゃダメだと気づいた経緯をこれまでの自分を振り返るためにも紹介していきます。

読んでいただいたみなさんも何か感じていただけたら嬉しいです!



ジ●ラルタ生命からの保険紹介

教員あるあるかと思いますが、放課後忙しい時にくる『〇〇先生、保険何か考えてますか?』ですね笑

ファイナンシャルプランナーのイラスト(若者)

なんかよくわからんけど、他の先輩先生もしてるみたいやししなあかんのかな〜と一度くらい不安になったことありますよね笑

何回も話を断っていると申し訳ないから一度話を聞いたんです。

じゃあなんか仕組みはよくわからんけど毎月3万円生命保険で積み立てたら、ドルがどうのこうので20年で800万積み立てたのが、計算では1500万円に増えますよ!のようなことを話されたんです。怪しいですね笑

へー。そんなうまい話があるんかと思いながら聞いてました。

結局、契約はしませんでしたが、

こういう風に保険を使って自分のお金を増やそうとしている人も世の中にいるんだなと初めて知りました。

増えるお金のイラスト(一万円札)

『お金に働いてもらう』

YouTubeを見ているとお爺ちゃんが月90万の収入を働かずに得ている動画に出会いました。

おじいちゃんが言うには、60歳から始めた投資信託で毎月お金が勝手に増えていく。お金が増えた分を再投資すればまたさらに増える。雪だるまを転がすみたいに時間が経てば立つほど大きくなる。もちろん削れてしまうこともあるけど、簡単には全部壊れない。

雪だるまを作っている子供のイラスト

投資信託とは、簡単に言うと投資のプロに運用を任せる株のことです。

わしは、もう働かれへんから

『お金に働いてもらうんや』

このおじいちゃん保険屋さんと同じようなこと言ってるなと感じました。

そして僕には、『お金に働いてもらう』という考えがありませんでした。

投資をしている人のイラスト

自分が教員として働いて給与をもらうことしかお金を増やせないと思い込んでいました。

実際、銀行に100万円預けていても金利が0.001%だから1年で100円しか増えないですよね。

そこで僕は、お金に働いてもらうために株式投資について勉強することにしました!

株式投資のイメージが変わる

みなさんの株式投資のイメージってどんな感じですか?

僕のイメージは、なんかモニターを6個くらい用意して朝から晩まで画面と睨めっこして何百万も儲ける時もあれば、何百万損もすることもあるイメージでした!

株のイラスト「喜ぶトレーダー」株のイラスト「悲しむトレーダー」

 

もちろんそんな投資もあるんですけど、

10年20年と時間をかけてゆっくり資産を増やす投資をする方が一般的です!

投資の世界では、時間をかけて少しずつお金の雪だるまを大きくしていけば、ほとんど負けないと言われています。

実際、5年間の投資と20年間の投資を比べてみても20年間投資している方は、元本割れがありません。(出典 金融庁より)

図(国内外の株式・債券に積立・分散投資した場合の収益率(実績))

積立て投資を長期的にすることによって、資産がプラス方向に安定する可能性が高いとわかりますよね!

つまり短期的な投資は、ギャンブル性が高いけど

長期的な投資は、ギャンブル性がとても低いイメージに変わりました!



NISA制度の正体に気がつく。

NISAのイラスト

投資を勉強していくにあたっておそらく一番初めに始めるのがNISAと呼ばれるものです。

一度は、聞いたことはあると思います。

NISA制度は、簡単に言うと

『あー!もう!これからの現役世代は減るばっかりや!』

『老後世代を支える人がおらんくなってまうから、今の現役世代の人に自分で将来のお金用意してもらおー!

『それしかないなぁ。じゃあ当分の間儲けた分の税金取らへんから自分で投資してもらう制度つくろー!

てことで国が作った制度なんです。

つまり

お得な制度は作ったから後は、利用するもしないも自分で選んでやー』という

後は、自力で勉強して頑張ってくれという国からのメッセージでもあると思うんです。

 

人生100年時代豊かな老後を過ごすには、

貯金だけの資産運用では危ないんじゃないか

NISAの正体を知ることで確信に変わりました!

まとめ

世の中には、自分が知らないお金に関する情報がたくさんありました。

保険、ドル建て積立、財形貯蓄、株式など

頭にクエスチョンマークを浮かべた人のイラスト(男性)

でも知らないのは当たり前で、なぜなら勉強したことがないから。

本当は学校で教えて欲しいけど、お金の増やし方は学校では教えてくれない。

保険で増やしたり、株で増やしたり

『お金に働いてもらう』感覚をまずは、知ってみることが大事。

でももちろん自分の仕事がうまくいかない時のように

お金の仕事もうまくいかない時もある。

でも時間をかければリスクは減らせることがわかった。

貯金だけで老後に2000万以上用意するには、

30年間毎月5万6千円貯金する必要がある。

30年毎月貯金を続けることは難しいからお金にも働いてもらって

自分の収入とお金の収入の両輪で資産運用していきませんか?

投資に成功した人のイラスト

コメント

  1. […] 26歳教員が資産運用はじめました。貯金だけの資産運用をやめた経緯momijies… […]