片道10km以内なら自転車通勤してみませんか?【メリット6選】

Diary



 

もみじ先生
もみじ先生

自転車通勤してみたいけど、雨降った時とか面倒だし、疲れるしなぁ。

毎日満員電車、、、いやだ、、コロナも怖い、、、

こんな人のための記事です。

 

この記事では、職場への道のりが嫌だった僕でも、自転車通勤に変えてから職場への道のりが楽しみになった自転車通勤のメリットについて紹介します。

  • 自転車通勤が気持ちよく続けられる距離
  • 大きな6つのメリット
  • デメリットの対処法

サクッと解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

もみじ先生
もみじ先生

自転車通勤って実はメリットだらけ!

できるなら絶対することをおすすめします!

自転車通勤ができる距離

いくら自転車通勤をしたくても職場までの距離が遠すぎると、しんどいですよね。

気持ちよく自転車通勤が続けられる適切な距離はどれくらいでしょうか。

かかる時間も考慮しながらみていきましょう。

緑もみじ
緑もみじ

時間がかかりすぎるのも遠すぎるのも嫌だなぁ。

もみじ先生
もみじ先生

マップアプリで職場まで徒歩で行く時の所有時間を

4で割ると自転車でかかる時間の目安になるよ!

自宅から5km程度なら

5kmまでなら余裕で自転車通勤ができます。

時間にすると15〜20分

自転車通勤をしてみたいなら一度職場まで自転車で行ってみると意外と近いなって感じられます。

時間も運動量もかからないので自転車通勤が始めやすく、続きやすい距離です。

 

自宅から10kmまで

毎朝少し運動したなって感じられる距離です。

時間にすると25〜40分

30分程度しっかり自転車に乗って通勤することになります。

少し長い時間自転車を漕ぐことになるので

この距離になるとクロスバイクやロードバイクなどで通勤することを勧めます。

 

自宅から15kmまで

がっつり毎日運動することになる距離です。

時間にすると50〜60分

1時間程度ペダルを漕ぎ続けることになるので

自転車を趣味でしている人だと続けることができる距離。

往復で2時間程度かかってしまうので自転車通勤をするなら15km程度までは限界ラインですね。

もみじ先生
もみじ先生

毎週1回だけ16km自転車通勤してるけど

職場に着いたら、達成感があって朝から気持ちいいです!

毎日と考えればしんどいかも、、笑

オススメの距離は自宅から10km程度!

あくまで通勤なので、始業時間に間に合わなければいけません。

天候や道路状況、信号などの時間を考慮すると、朝は余裕をもった時間設定が必要です。

そう考えると、オススメの距離の目安は「10km程度」です。

 

15km以上となると、かなりハードなので働く前に疲れてしまうかも、、、

逆に2~3km程度の短い距離だと、体も温まらないまま到着してしまい、少し物足りないかもしれません。

10~15kmの距離で、30分〜1時間ほどペダルを漕いでいれば、しっかり運動したという充足感も得られます。

まずは、自宅から職場までどれくらいかかるのか時間を計算してみましょう!

だいたいになりますが、

【徒歩でかかる時間÷4=自転車でかかる時間】

になります。

徒歩1時間なら自転車で15分くらいでいけます。



自転車通勤のメリット

もみじ先生
もみじ先生

自転車通勤をすることでいいことがあるのか?

自転車通勤には、電車通勤にはないメリットが多くあります。

以下6点です。

  • 習慣的な運動につながる
  • 公共交通機関の時間を気にしなくても良い
  • 満員電車から解放される
  • 通勤経路が自由
  • 自転車手当てが貰える
  • 帰宅難民にならない

それでは詳しくみていきます。

習慣的な運動につながる

ジムやフィットネスに通うよりも簡単に運動を続けることができます。

サイクリングの写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

毎日往復1時間程度のサイクリングを週5日継続することができるので、運動不足にもなりにくいですね!

Apple Watchをつけているので、毎日の運動の記録がいつも見れるのですが、朝の時間と夕方の時間に運動できているのがよくわかります。

毎日の仕事や家事などで時間のない社会人には、うってつけの運動です!

さらにランニングコストもかからないので経済的にも優しいです。

隠れ効果として、通勤中に身体が目覚めてくれます!

仕事の生産性が高まる朝に身体が全開で動けることで仕事の生産性もより上がります!

 

公共交通機関の時間を気にしなくて良い

駆け込み乗車のイラスト(電車)

朝の時間って忙しいですよね。

電車に一本乗り遅れただけで、職場につく時間が大きく変わることもあります。

だから決まった時間に必ず家を出ないといけない。。。

なんか朝から時間との戦いをすることになってストレスです!

でも自転車なら時間のことをきっちり考えなくて良いです。

家を出る時間はだいたい決めておけば、きっちりその時間に出なくても

電車みたいに乗り遅れることもないので、職場に着く時間に大差はありません。

自転車通勤にしてから朝の時間との戦いは無くなりました!

 

他にも電車でよくある遅延や車でよくある渋滞なんかもないので、

始業時間に間に合うか心配することもありません。

 

満員電車から解放される

満員電車のイラスト(会社員)

いやですよね。満員電車。コロナが流行ってからは、余計に怖いです。

自転車は、常にプライベート空間なので、最高です!

もう電車通勤には戻れません。

朝の気持ちいい日差しや涼しい風を感じながらサイクリングできるので、本当に開放感が違います。

満員電車はストレスしか感じませんが、自転車通勤は逆にストレスを解消してくれます!

1日のスタートを気持ちよく始められるのは、理想的ですよね!

 

通勤経路が自由

電車だと、最寄駅の近くか駅のホームぐらいしか買い物できるタイミングがないですよね。

電車みたいに決まったルートを行かなくても良いので、途中で寄り道をしたり、買い物をしたりすることが気軽にできます。

 

それに、ちょっと道をそらすと美味しいモーニング喫茶店を見つけれるかも!

見つけると、ちょっと明日早起きして行ってみようかなって思えて、幸せな気分になれますよ!

何気ない平日もモーニングをすることでちょっと特別な日になってテンションが上がります!

お気に入りのモーニングを是非見つけてみてください!

京都旅行は"絶品朝ごはん"で始めよう!京都のモーニングが美味しいお店12選 | RETRIP[リトリップ]

自転車手当が貰える

勤めているところによっては、自転車手当が貰えることもあります。

給料日・ボーナス日のイラスト

僕のところは、通勤距離によって変わるみたいですが、毎月4000円程度手当を貰っています。

自転車は買ってしまえば、特にお金はかかりませんが、たまにメンテナンスすることもあるので

そのお金にできるなって思ってます。

雨が土砂降りの時は電車で通勤するので、その時の交通費にもなります!

何にしても、自転車手当が貰えるのは嬉しいですね!

 

帰宅難民にならない

大雨や地震、台風などで交通機関が止まって帰れなくなることもありません。

交通機関は、安全が第一なので長い時間運休してしまうことがあります。

自然災害が多い日本では、毎年必ずと言っていいほど帰宅難民のニュースがでますよね。

災害時は、注意して自転車に乗らなければいけませんが、道が繋がっていれば、いつも通り自宅に帰ることができます。

 

自然災害でなくても人身事故で帰る時間に迷惑をかけられることもありません!

 

デメリットの対処法

緑もみじ
緑もみじ

デメリットはないのかな?

メリットばかり紹介してきましたが、デメリットもあります。

以下4点です。

  • 夏は暑い。冬は寒い。
  • 交通事故の恐れ
  • 天気が雨の時
  • 初期投資がいる

僕がしている対策も含めて紹介していきます。

夏は暑い。冬は寒い。

確かにそうなんですけど、半分合ってて半分間違ってるんです!

 

夏は、暑いですけど、自転車通勤をする時間帯を考えると早朝と夕方です。

早朝の気温は、そこまで高くないです。

早朝の風は涼しいので走り出してすぐはそこまで暑さを感じません。

それに東に太陽があるので、建物の影が多いので信号待ちも影があるところで待っていれば暑くないです。

でもリュックだと背中に汗をかいてしまいます。

汗をかきにくいリュックもあるので困っている方はチェックしてみてください。

【deuter】背中が蒸れにくい自転車用リュックRace EXP AIR 14+3
夏場の暑い時のリュックって背中と密着して汗がとても気持ち悪く感じると思います。背中とリュックが密着しない良いリュックを見つけたので紹介します。

 

冬は、手袋必須です。走り出しは、とっても寒いです。

でもペダルを漕いでいるとだんだん身体が暖まってくるので、職場に着くころにはホカホカになってます。

漕ぎ始めは上着を着て、暖まってきたら脱いだりしています。

 

交通事故の恐れ

歩道を走る自転車のイラスト

自動車との接触事故や歩行者との事故の可能性はあります。

歩行者専用道路でスピードを出しすぎたり、見通しの悪い交差点なんかで自動車と接触事故を起こさないように常に注意して運転する必要があります。

自転車であっても車両として扱われるので、交通ルールはしっかりと守って通勤することが大切です。

自分の身体は自分しか守れないので、無茶な運転はしないようにしましょう。

ルールを守って注意していても事故は起きることがあるので必ず自転車保険は加入しておきましょう。

 

天気が雨の時

朝起きて雨の時は、一番テンションが下がります。

自転車通勤の天敵は、天気です。

かっぱを着て自転車に乗る人のイラスト

土砂降りでなければ、カッパを着て通勤することもできますが、

視界が悪くなること、地面が滑りやすくなることになるので

いつも以上に安全に気をつけて通勤することになります。

 

土砂降りの時は諦めて電車通勤することにしています。

 

初期投資がかかる

クロスバイクやロードバイクがなければ、5km以上の通勤は少ししんどいです。

普通の自転車でも通勤できますが、速さやしんどさが全然違うので、5km以上の通勤の場合は

購入することをオススメします。

自転車は仕事以外にも使えるので購入する価値は十分にあると思います。

安ければ3万円程度からクロスバイクを購入できるので初期投資をしましょう!

 

まとめ

10km以内なら自転車通勤をしてみては?

ということで自転車通勤のメリット・デメリットを紹介してきました。

デメリットもありますが、メリットを考えるとメリットの方が大きいです。

  • 習慣的な運動につながる
  • 公共交通機関の時間を気にしなくても良い
  • 満員電車から解放される
  • 通勤経路が自由
  • 自転車手当てが貰える
  • 帰宅難民にならない

これからのことに魅力を感じたのであれば、自転車通勤にしてみてはどうでしょうか。

これから自転車通勤をしたいと思っている方の参考になれば幸いです。

それでは!!

コメント